レーシック手術 視力回復ガイド

>「レーシックのススメ」一覧

近視治療について

レーシック手術で治る近視

レーシック手術で手術で治る近視

近視はメガネやコンタクトレンズで矯正するしか方法がない、とお考えの方はおりますか?

実は今、世界中で近視手術、すなわちレーシック手術というのが話題となっています。欧米では、近視は矯正するのではなく手術で治すもの、というのが常識です。アメリカを例に挙げますと、年間100万人が視力回復手術を受け、もはやメガネやコンタクトを必要とせずに生活しています。

一方、日本では未だに目を手術するということで、レーシック手術での失敗や危機感を抱いている方が多いように思われます。このサイトに訪れた方が、レーシック手術で失敗しないためにレーシック手術は簡単で安全であることを認識し、視力回復手術レーシックは簡単で安全であることを認識して頂ければと考えております。

ページのトップへ ▲

近視の多い日本人

近視の多い日本人

日本人は世界でもメガネをかけている人が多いといわれます。実は日本人の近視率は世界一の水準にあり、世界でもメガネをかけている人が多い国と知られています。

その原因として考えられるのは長時間のテレビやゲーム、近距離や暗い場所で活字を読むなどの環境的な要因があげられ、近代国家ほど多い、文明病ともいえるようです。

ページのトップへ ▲

広まる近視手術 レーシック

広まる近視手術 レーシック

日本で視力回復手術レーシックを受け始めたのは、プロスポーツ選手やイメージなどにも関わる芸能人などでしたが、レーシック手術の安全性が認識されるにつれ、ごく一般の人にも浸透していきました。

最も普及しているのはアメリカですが、アメリカではレーシック手術した人の調査を数年行い、その結果、大きな失敗がなかったため、レーシックは急速に広まりました。日本でもアメリカでの多くの成功例や体験談を目の当たりにし、視力回復手術レーシックに取り組むようになったのです。

ページのトップへ ▲

世界に遅れた日本でのレーシック普及

世界に遅れた日本でのレーシック普及

まず視力回復手術レーシックが普及したのは約20年前のロシアでした。ロシアのフィヨドルフ博士が開発したRKというレーシック手術によって流行しましたが、実はそれより随分前に現在のレーシック手術の原型を順天堂大学眼科の佐藤教授が発表していたのです。佐藤教授の角膜切開術を基にRKレーシック手術は開発されました。

この佐藤教授のレーシック手術を受けた人の中に角膜が濁ってしまう病気などになった人があったため、レーシック手術の悪印象やレーシック手術に失敗したときの不安が広まってしまい、日本での普及が遅れた経緯があります。

ページのトップへ ▲

裸眼視力が必要な仕事

裸眼視力が必要な仕事

一定以上の裸眼視力がなければつけない職業として知られているのが、パイロットやスチュワーデスなどの航空関係の仕事、消防士、警察、公共機関の運転士、プロスポーツ選手などです。
視力の悪い方でも視力回復手術レーシックによりこれらの職業につくことができるのです。

ページのトップへ ▲

視力回復手術レーシック手術を受けた有名人

レーシック手術を受けた有名人として代表的なのが、プロゴルファーのタイガーウッズ選手です。タイガーウッズは、極度の近視でメガネ、コンタクトをしておりましたが、レーシック手術後、芝がよく見えるようになり、大きく成績を伸ばした話はとても有名です。その他では、プロ野球の西部ライオンズの松坂選手をはじめ、日産自動車のカルロス・ゴーン社長などの著名人、芸能人がレーシック手術を受けています。

ページのトップへ ▲



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.