レーシック手術 視力回復ガイド

>「視力のメカニズム」一覧

遠視・乱視のメカニズム

遠視

遠視

遠視は近視とは反対に、外から目に入ってきた光が網膜よりも遠くで焦点が結ばれる状態です。遠視の場合は通常、遠くは良く見えるのですが、近くがよく見えない状態です。

遠視

視力検査などでは、いい視力として結果が出るため、遠視に気づきにくいのですが、遠視は目が疲れやすく、眼精疲労などがおこるので、このような場合は眼鏡等による矯正をした方がいいでしょう。

ページのトップへ ▲

軸性遠視

軸性遠視

角膜や水晶体による光の屈折には異常がなくても、眼軸が通常より短いために網膜上で焦点が結べず、網膜よりも奥で焦点が結ばれる状態です。幼児期の子供は眼軸が短いため、この軸正遠視になっていることが多いのですが、成長とともに眼軸も伸びていくので、大抵は軸正遠視ではなくなります。

ページのトップへ ▲

屈折性遠視

屈折性遠視

角膜や水晶体の屈折力が弱すぎるため、光が網膜に届いても充分屈折せず、網膜より遠くでビントがあってしまう状態です。遠視の場合は近くの物がよく見えないのですが、強度の遠視の場合には遠くだけでなく、近くもよく見えないため、近視よりもさらに注意が必要といえるでしょう。

ページのトップへ ▲

老眼

老眼

老眼は眼の病気ではなく、眼の老化による生理現象で、誰にでもおきる現象です。老化により、水晶体がかたくなり、水晶体を厚くしたり、薄くしたり調節する毛様体も弱まります。ピントが1箇所に固定してしまい、近くにピントが合わなくなってしまいます。年々この調節力は弱くなり、30代後半から40代にかけて進行していきます。老眼の症状があらわれたら、矯正などをする必要があるでしょう。

ページのトップへ ▲

乱視

乱視

乱視は物が二重以上に見える、たての線、又は横の線がぼやけるといった状態です。乱視は角膜の表面が球形ではなく、楕円形がゆがんでいたりします。

乱視

角膜の形の異常によって屈折が強いところと弱いところがでてきてしまい、乱視がおこります。乱視は通常の状態では、ピントが合うところがないため、近視や遠視異常に目が疲れる場合が多いといえます。

ページのトップへ ▲

乱視の種類

乱視は角膜の形により正乱視(直乱視・倒乱視・斜乱視)、不正乱視に分けられます。

乱視の種類
  • 直乱視・・角膜がたてにゆがんでいる場合。
  • 倒乱視・・角膜がよこにゆがんでいる場合。
  • 斜乱視・・角膜が斜めにゆがんでいる場合。
  • 不正乱視・・角膜の表面が凹凸になっている場合。

これらは近視手術で治すことができます。

ページのトップへ ▲



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.