レーシック手術 視力回復ガイド

>「近視手術について」一覧

LASIK(レーシック)

LASIK(レーシック)

LASIK(レーシック・Laser In‐ situ Keratomileusis)「生体内レーザー角膜切開手術」と訳される。
LASIKもPRK手術と同じく、エキシマレーザーを使用する。近視手術の中では主流の手術で、痛みも少なく、回復も早い。

レーシックの手術前に点眼麻酔薬をします。マイクロケラロームという道具で、角膜の表面部分を薄く剥離し、蓋のようなものをつくり、そこをめくって角膜実質層にレーザーを照射、屈折率を変える処置をします。

レーシックは利点が多いのですが、高度な近視手術のため、医者選びを慎重に行う必要があります。

品川近視クリニックでは、このエキマネレーザーの最新版を導入し日本トップクラスの実績を誇っています。また、眼科専門医によるレーシック専門クリニックですので安全性が違います。

ページのトップへ ▲

レーシックの手術手順

レーシックの手術手順
  1. 目薬による点眼麻酔をする。
  2. 目の周りを消毒する。
  3. マイクロケラトームという機器で、角膜上皮とボーマン層を薄く削り、フラップ(ふた)をつくり、このフラップはめくっておきます。
  4. めくった部分にレーザーを照射し、屈折矯正を行います。
  5. フラップを戻し抗生剤を点眼し、フラップが自然に接着するのを持ちます。

ページのトップへ ▲

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、これまで把握することができなかった小さなゆがみを解析し、その微妙なゆがみをとることができるレーシックです。専用の特殊な機械を使って解析し、高次収差をなくすようにエキシマレーザーを照射します。これにより暗いところでの見え方が向上するなどの利点があります。

ウェーブフロントレーシックで有名なのが 神奈川アイクリニックです。神奈川クリニックでは、ドイツ社製のウェーブフロントアナライザーという検査機器を用い、無料でウェーブフロント専用の検査を行なっています。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.