レーシック手術 視力回復ガイド

>「視力のメカニズム」一覧

目の仕組みについて

目の仕組み

目の仕組み

目の仕組みはカメラの仕組みにたとえられます。

角膜(かくまく)
一番外側のレンズで黒目部分を覆っている透明な膜です。光を屈折させます。
水晶体(すいしょうたい)
透明な凸レンズ状の器官でピントの調節、オートフォーカス機能に相当します。
網膜(もうまく)
目の内側を覆っている薄い透明な膜で、カメラのフィルムに相当します。ここで光が像を結んで物を見ることができます。
虹彩(こうさい)
黒目の部分で光の量を調節をする「しぼり」に相当します。

ページのトップへ ▲

眼球

眼球

眼球の形はピンポン玉のような形をしており、わたし達が目玉と呼んでいる部分です。 眼球は目の回りの骨のくぼみに収まっています。また視神経と呼ばれる神経が脳につながっていて、 他の神経より早く情報を伝えるしくみをしています。

成人では直径24ミリのほぼ球形をしており、外側と中身とに大きく分けられますが、 大部分は顔の中にあります。 眼球は結膜、角膜、強膜などの3つの膜と水晶体などの複数の器官からなります。

ページのトップへ ▲

外膜(結膜、角膜、強膜)

外膜(結膜、角膜、強膜)

眼球は、外から外膜、中膜、内膜という3層の膜があります。

結膜
眼球とまぶたを結ぶ組織という意味で、結膜炎が起こるところです。
角膜
「くろ目」を覆っている透明の膜で、光はここから入ります。入ってきた光をここで屈折させます。病原菌から目を守る働きがあります。
強膜
眼球の外側のいわゆる「しろ目」にあたります。強膜は強靭な部分で、ほとんど光は通しません。

ページのトップへ ▲

ブドウ膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)

ブドウ膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)

ブドウ膜とは血管や色素に富んだ膜で、虹彩、毛様体、脈絡膜をまとめてこのように呼びます。

虹彩
前から見ると茶色の部分で、瞳孔を広げたり、縮めたりし、光の量を調節します。
毛様体
毛様筋という筋肉があり、この筋肉で水晶体の厚みを変え、ピントを合わせます。ピントが合わなくなると視力が悪くなります。
脈絡膜
網膜と強膜に挟まれた薄い膜で、眼球へ血液を運ぶ毛細血管が張り巡らされ、眼球の各部位に酸素、養分を運びます。

ページのトップへ ▲

毛様体

毛様体

毛様体には、毛様体筋という筋肉や血管などがあり、この筋肉により水晶体を厚くさせたり、薄くさせたり調節します。近くのものを見るときは筋肉を緊張させ、水晶体を厚くさせています。

反対に遠くのものを見るときは、毛様体筋をリラックスさせ水晶体は薄くさせています。毛様体を緊張させ続けると近視など視力異常になります。また毛様体の血管は、目に房水の分泌を行っています。

ページのトップへ ▲

内膜(網膜)

内膜(網膜)

網膜といわれる部分で、眼球の奥にある内側の0.2〜0.3ミリの薄い膜で、感覚細胞が1億個以上あります。視神経は網膜からの情報を脳の中枢神経に伝えて、わたしたちは物を見ることができます。

網膜は眼底の部分で像を結ぶ写真のフィルムの役割を果たします。強度の近視や老化によって起こる網膜剥離は、この網膜でおこる病気です。

ページのトップへ ▲

房水(ぼうすい)と眼圧

房水と眼圧

房水とは、角膜と虹彩のあいだと虹彩と水晶体のあいだを満たす透明の液体のことです。 角膜と虹彩の間を前房と呼び、虹彩と水晶体の間を後房と呼びます。 防水は水晶体や角膜に栄養を補給しています。この防水が高眼圧になると緑内症を引き起こします。

ページのトップへ ▲

水晶体

水晶体

透明で、凸レンズの形をしています。角膜とともにレンズの役割を果たし、厚くなったり、薄くなったりしてピントを調節します。おもに水とたんぱく質からできており、このたんぱく質が濁ると白内障という目の病気になります。 老化などによっておこり、目がかすんだりする症状が現れます。

ページのトップへ ▲

硝子体(しょうしたい)

硝子体(しょうしたい)

硝子体とは網膜の間にあり、眼球の内部の大部分を占める部位です。 無職透明なゼリー状の組織で眼球の形を保つ役目をしており、また入ってきた光を網膜に届けます。 蚊が飛んでいるように見える飛蚊症(ひぶんしょう)は、硝子体が濁ることによりおこる症状です。

ページのトップへ ▲

まぶた(眼瞼:がんげん)

まぶた(眼瞼:がんげん)

目の上下にあって、目を覆い、まつげが生えています。眼球を覆い、外からの刺激、乾燥、ほこりなどから守る役割があります。またまばたきにより、角膜を潤し目が乾燥するのを防いでいます。 栄養分を補給する役割もあります。

ページのトップへ ▲

眼筋(がんきん)

眼筋(がんきん)

眼筋とは眼の筋肉のことです。眼筋には、眼球の内部にある内眼筋と、眼球の外側にある外眼筋があります。

内眼筋は瞳孔運動とピントの調節を行っています。瞳孔を小さくしたり、大きくしたりする瞳孔括約筋・瞳孔散大筋と水晶体の厚さを変える毛様筋からなります。ここの筋肉に疲労が蓄積すると近視が進行します。

外眼筋は眼球を上下左右に動かす6本の筋肉です。1日に何万回もの眼球運動を行います。

ページのトップへ ▲

角膜の構造

角膜の構造
角膜上皮
外気に触れる場所であり、バリア機能、再生能力に優れている。
ボーマン膜
コラーゲン繊維などのたんぱく質により構成される。
角膜実質
角膜の厚さの90%を占める。コラーゲン繊維でできている。
デスメ膜
非常に薄いが、強靭で、再生能力がある。
角膜内皮
一番内側にあり水分調節を行う、再生能力はない。

ページのトップへ ▲

角膜の構造と仕組み(上皮、実質、内皮)

角膜は外側から大きく分けて、上皮、実質、内皮の三層から出来ています。

さらに上皮と実質の間にボーマン膜、実質と内皮の間にデスメ膜があり、5層からなっています。 一番外側の角膜上皮は5,6層の上皮から成り立っており、新陳代謝や再生活動が活発なところです。

小さな傷であれば、すぐに修復活動を行います。一番下の角膜内皮は角膜の透明性を維持する重要な働きがありますが、再生能力は無いため傷つけないように、注意が必要です。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.