レーシック手術 視力回復ガイド

>「レーシックのススメ」一覧

メガネとコンタクト

メガネによる矯正

メガネによる矯正

メガネを使用している日本人は約3000万人といわれます。
日本人が近視を矯正するときに、まず考えるのはメガネです。このようにメガネが多くの人に使われているのは、気軽な扱いが可能だからです。また縁なしのものや、レンズが薄いものが出てきたこともあげられます。

その一方、メガネ自体の構造よる不便さはなくなりません。特に女性など外見の印象を気にする方も少なくありません。

ページのトップへ ▲

メガネの短所

便利なメガネではありますが、短所もあります。まず視野の問題があります。裸眼では180度くらいの視野がありますが、メガネを装着した場合、2/3程度の視野に制限されてしまいます。

また度が合わなくなると、眼精疲労、肩こりなどが起き、レンズ交換の必要も出てきます。湯気など温度変化により曇ってしまい、前方が見えなくなってしまうこともあります。 さらに、球技や激しいスポーツなどができないことがあります。

メガネの短所

ページのトップへ ▲

コンタクトの普及

コンタクトの普及

上述のメガネの欠点をなくしたものとして短期間に普及したのがコンタクトレンズです。現在約10人に1人が使用しているといわれます。初期はガラス製でしたが、プラスチック製になり、ハードコンタクトの素材が出てくるなど改良されてきました。

しかし、コンタクトには向き、不向きがあり、ドライアイの人や長時間パソコンなどで細かい作業をする人などは、まばたきが減りドライアイ、その他の症状が出易いので不向きだと言えます。

ページのトップへ ▲

ハードコンタクト

ハードコンタクト

最初につくられたのは、硬い素材でつくられたハードコンタクトです。ハードコンタクトはケアが楽で、寿命も長めという利点がありました。しかし、酸素を通さないため、角膜が酸欠状態になり、長時間の装用はできず、外れ易いという欠点もありました。

そこで酸素も通り、長時間使えるものとしてできたのが酸素透過性コンタクトです。汚れや傷がつき易く、ケアが面倒という欠点はありますが、近年はほとんどが酸素透過性のものになってきています。

ページのトップへ ▲

ソフトコンタクト

ソフトコンタクトは含水率が高く、素材も柔らかいため装用感がよく、初めての人にも慣れ易いなどの長所があります。しかし素材が柔らかいため、屈折強度はハードコンタクトより弱く、乱視などの矯正は難しい、長時間の装用は厳しい、汚れがつき易く、ケアが面倒などの欠点もあります。

ページのトップへ ▲

コンタクトの短所

従来からあるコンタクトは洗浄をしながら、繰り返し使うタイプですが、手入れが面倒なのが欠点でした。最近出てきたのが使い捨てなどのディスポーザブルタイプ のコンタクトですが、こちらは続けて使用すると割高になり、定期的な診断が必要になります。

コンタクト一般の欠点として、コンタクトが傷つくと、目も一緒に傷つく、細菌などが侵入し、炎症を引き起こすなどがあります。そのため欧米などでは、コンタクトより近視手術の方が安全という考え方が広まっています。

近年、カラーコンタクトを短時間で購入できるような店舗が増えています。便利に感じる面も確かにありますが、反面、瞳の形に合わないレンズを知らず知らず装用してしまっていることも多く、これが原因で失明に至る可能性も十分に考えられるそうです。

コンタクトを装用する際には、必ず専門医の指示の下、行うようにしましょう。

ページのトップへ ▲

ドライアイ

ハードコンタクト

ドライアイとは、何らかの原因により涙の量が不足し、目が乾いてしまう症状です。涙の量は年齢とともに減少していく傾向があります。

ドライアイになる原因として、パソコン作業があげられます。パソコンのディスプレイを眺める時間が長いと一点を集中して見るため、まばたきの回数が少なくなり、涙の蒸発が増えてしまいます。

またコンタクトレンズの使用者にドライアイになっている人が多いようです。角膜にコンタクトを装着すると角膜の知覚が鈍くなり、涙の分泌が減少するからだと考えられます。コンタクトの長期装用も気をつける必要があるといえます。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.