レーシック手術 視力回復ガイド

>「近視手術について」一覧

PRK手術

PRK手術とは

PRK(ピーアールケー・:Photorefractive Keratectomy)角膜表層切開術と訳されます。

コンピューター制御のエキシマレーザーを角膜表面に照射し、近視・乱視・遠視に合わせ、角膜の形を形成します。片目ずつ期間を空けて行います。角膜上皮が再生するまで保護用コンタクトを装着し、痛みを伴うことがあります。視力回復に、やや時間がかかります。

ページのトップへ ▲

PRKの手術の手順

PRKの手術の手順
  1. 点眼麻酔をする。
  2. 角膜表面の角膜上皮をエキシマレーザーで照射し、取り除く。
  3. 角膜中心部にエキシマレーザーで照射する。
  4. 抗生剤を点眼する。
  5. 治療用コンタクトレンズを装着する。

ページのトップへ ▲

PRK手術の利点

レーシックとの共通点はエキシマレーザーを使用するところで、相違するところは角膜フラップをつくらない点です。激しい格闘技など目に衝撃のある可能性の高いスポーツをする方には、レーシックよりもPRKの方が向いているといえます。またPRK手術は厚生労働省が認めたレーザー手術である点です。

PRK手術では日本一の手術実績を持っている、眼科松原クリニック。 角膜が薄いため、レーシック手術ができないと言われた方やプロボクサーになりたいから、裸眼視力を上げたいなど、どうしても視力回復を果たしたいあなたに、日本最多の手術症例を持つ、眼科松原クリニックのPRK手術ならお応えできるかもしれません。

ページのトップへ ▲

PRK手術の欠点

PRK手術の欠点は、角膜の表面にレーザーを照射するため、手術中は痛みが無いのですが、麻酔が切れてから、他の手術よりもやや長く痛みが出るという点。レーシックと違い、両目を一度に手術することはできず、期間をあけて片目づつの手術になる点です。またレーシックほど強度の近視に対応できない、レーシックのように再度の手術が容易でない点などです。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.