レーシック手術 視力回復ガイド

>「近視手術について」一覧

RK手術

RK(アールケー・Radial Keratotomy)

RK(アールケー・Radial Keratotomy)

RK(アールケー・Radial Keratotomy)、放射状角膜切開手術と訳されます。
視力回復手術の中で一番古くから行われているもので、ダイヤモンドメスで角膜に放射状に切れ目を入れる手術です。ロシアで開発されたRK手術であり、歴史があり手術例も多い。このロシアのRKに改良を加えたアメリカ式が現在のものです。

難点は軽度の近視向けであるため、近視が強度の場合には視力回復手術が難しい場合がある、角膜に切れこみを入れるため、眼圧が若干弱くなるなどがあります。

ページのトップへ ▲

RK手術の手順

  1. 瞳孔を一時的に収縮させる瞳孔収縮剤を点眼する。
  2. 点眼麻酔剤を点眼する。
  3. オプティカルゾーンに特殊マーカーでマーキングする。
  4. マーキングしたラインにダイヤモンドメスで切れこみをつくる。
  5. 終了後、傷口を洗浄する。
  6. 抗生剤を点眼する。

ページのトップへ ▲

RK手術の現在

近視手術はメスで治す方式とレーザーで治す方式がありますが、RK手術はメスで治す方式です。現在はレーザー式が主流になっています。

RKはメスで切れこみを入れるため、手術をする医師の経験などによるところが多く、PRKやレーシックに比べて精度が高いと言えませんでした。また切れこみを入れるため角膜の強度が落ちるため、気圧の違うところに行くと、視力が変化したり、1日のうちでも見え方が異なる日内変動などがおこる欠点などがあり、現在はあまり行われていない手術といえます。

ページのトップへ ▲

ミニRK

ミニRK

ミニRKは、RKを改良した方法で、特殊なダイアモンドメスで角膜を切開する手術です。

RKよりも切り込みを少なくし、眼球の強度をRKよりも保ちます。RKの場合、多いときは12本の切開でしたが、ミニRKの場合は4本から8本の切開で、多くても8本の切開に留めます。しかし、このミニRKも強度の近視には向いてなく、軽度の近視の方が対象になります。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.